ステラオフィス 代表blog

【オンリーワン育児法】考案  ステラオフィス代表 むらさきはつみ 公式ブログ

『あったらいいな』がここにある。親子に合った子育てのBESTを提案するオンリーワン育児法
《思い描いていた理想の子育て》をサポート
オンリーワン育児法講座・働くsmileママ講座・ステラ式教育プログラム講座・離乳食調理実習・子育て交流会

【・ホームページ友だち追加

幼児教育は信頼関係から始まる

パソコンステラ知育園ホームページ

merumerustella@feel.ocn.ne.jp

l-052-761-0355

 

《ステラ知育園申込み一覧》

☆ステラ式教育プログラム講座申込み

☆子育て支援申込み

☆オンリーワン育児法講座 中級

☆オンリーワン育児法講座  初級

☆リフレッシュ保育 クービック予約システムから予約する


代表 むらさきはつみ 公式ブログ

私が子供と接するときに心掛けていることは


目線を合わせること
一定の距離感を持つこと
子供は可愛いという前提を持たないこと
ありのままの姿をみること
いきなり触れない


などがあります。


中でも大切にしているのが、


一定の距離感パーソナルスペースです。




パーソナルスペース(英:personal-space)とは、
他人に近付かれると不快に感じる空間のことで、パーソナルエリア、対人距離とも呼ばれる。
一般に女性よりも男性の方がこの空間は広いとされているが、社会文化や民族、個人の性格やその相手によっても差がある。

一般に、親密な相手ほどパーソナルスペースは狭く(ある程度近付いても不快さを感じない)、
逆に敵視している相手に対しては広い。

相手によっては(ストーカー等)距離に関わらず視認できるだけで不快に感じるケースもある。

ウィキペディアより引用




幼児でも1人の人です。

いきなり触れられるのは不安にもなります。

その為幼児との初対面での距離の取り方・詰め方が信頼関係の第1歩になります。

この人は大丈夫と、認識されたらそれからは子供から近づいてきます。



f:id:ikuji-stella:20180525033858j:plain

1度築かれた信頼関係は安心感に繋がります。


子供との関わりはこの距離感からがスタート地点です。


第一関門をクリアしたら、そこからは抱っこし放題です♡


まずはこの第1歩をどうクリアするのかによって幼児への教育の成果に差が出来ます。

ステラオフィス 代表 むらさきはつみ

思い描いた理想の子育てを叶える 【オンリーワン育児法】を提案し

・ コミュニケーション講座 ・オンリーワン育児法講座 初級 ・オンリーワン育児法講座 中級 ・ステラ式教育プログラム講座 の講師を務める。

2,500組以上の親子の向き合い方をサポートしてきた中で、 子供の本質・才能を見つけ出すベストな関わり方を生かした

2012年に 会員制幼児教育保育施設 【ステラ知育室 】 を開園しオンリーワン育児法を用いたステラ式教育プログラムで優秀な子を育てる幼児教育保育を行っている。 

子供の心の声を聞き取れる力を持ち、 親子の心を抱き締め寄り添う活動をしている。

【事業内容】 生活総合支援・子育て支援・各種講座・子育てカウンセリング・才能開花プログラム・シッターサービス

2018年 新生児期~高齢期までのすべての生きがいある生き方支援として 総合生活支援事業を新展開する。

ステラオフィス 代表を務める。