ステラオフィス 代表blog

【オンリーワン育児法】考案  ステラオフィス代表 むらさきはつみ 公式ブログ

『あったらいいな』がここにある。親子に合った子育てのBESTを提案するオンリーワン育児法
《思い描いていた理想の子育て》をサポート
オンリーワン育児法講座・働くsmileママ講座・ステラ式教育プログラム講座・離乳食調理実習・子育て交流会

【・ホームページ友だち追加

ステラ式教育 〓運動能力編〓

パソコンステラ知育園ホームページ

merumerustella@feel.ocn.ne.jp

l-052-761-0355

 

《ステラ知育園申込み一覧》

☆ステラ式教育プログラム講座申込み

☆子育て支援申込み

☆オンリーワン育児法講座 中級

☆オンリーワン育児法講座  初級

☆リフレッシュ保育 クービック予約システムから予約する


代表 むらさきはつみ 公式ブログ

ステラ式教育プログラム

《知力・体力・心力》

3つの力のバランスが取れてこそ優秀な子です。

体力→筋力・運動能力アップ


それぞれの子のペースに合わせ目標を決めてレベルアップを目指します。


運動の時間は1日に2回。
午前と午後に15分づつ行います。



《腕の力を強くする運動》

オットセイ・手押し車・ぶらさがり

《筋力を高める運動》

トンネル・うさぎさん





 筋力を高める運動は、
練習を積むと結果に表れます。

レベルアップをしたことが子供自身でもわかりやすいです。


お友達がやるのを見て頑張り合っています。


大切なのは自らやろうとする気持ち


上手に出来るようになった子ども達にはレベルアップさせて出来る力を伸ばします。

練習を繰り返してもなかなかコツが飲み込めなかった場合は、
同じ要素を含む他の種目に切り替えて、気分転換をして「出来ない」と諦める気持ちにさせずチャレンジする気持ちを維持させます。


〓腕の力を強くする運動〓

・オットセイ
・手押し車
・ぶらさがり

 「ズボンをはく」
「ごはんを食べる」など
日常生活の中でする動きは、
指先を使うものがほとんどです。

腕の筋力は、指先の動きの土台となります。


ズボンをはく動作は、ズボンをしっかりと握らなくてはなりません。

食べるとき、スプーンや箸の操作を手指で行います。


このような指先の動きには、
手指を支える腕の力が必要となります。

指先を動かす支点として腕がしっかりと安定していないと、細かい動きはとれません。
腕の筋力は、指先を動かすための土台です。



《オットセイ》

目的:・腕の力をつける 
    
      
床にうつ伏せに寝て、
手を顔の横につき、
「はじめ」の合図で腕をのばして上半身を起こす。
10まで数える間体を支えさせる。
「おわり」の合図で肘を曲げてうつ伏せになる。

・ 指先を内側にむけて
 手の平を「ハ」の字にする

・ 指先をのばす

・ 顔は前を向く

・ 足首をねかせる

・ お尻の力をぬく



《手押し車(手歩き)》

目的:・腕支えの力をつける 
   ・ 筋持久力をつける

子どもはうつ伏せに寝て、
その子の足首を持ち上げる。
子どもは腕をのばして体を支える。

・ 指先をのばす
・ 顔は前を向く

 ゴールを決めて目標を示して行なう。
 


《ぶらさがり》

目的:・握力、指先の力をつける 
   ・ 筋持久力をつける

握ることを教える。
低い鉄棒で地面に足をつけたまま、
体を傾斜させ、腕をのばして体を支える練習。

自分の背よりも高い鉄棒に挑戦する
「10数えるまで」と目標を示して努力する。 




〓筋力を高める運動〓

・トンネル
・うさぎさん

立つこと、歩くことをはじめとして、
からだを支え、動きの基本となるのが筋力です。


立つ、歩く、走る
からだを支えている筋力による動きです。
食事のときに椅子に座っていられるのは、腹筋と背筋を使って姿勢を保っているからです。

階段を昇るときは足の筋力、物を持つときは腕の筋力を使っているのです。

筋力は身体の動きの基本、動きの支点

いろいろな動きが自分でできると子ども達の自信にもつながります。

 動きの基本『筋力』
腹筋・背筋・足腰の筋力をたかめる運動


《トンネル》

目的 腹筋力、背筋力をつける。
    手足でからだを支える力をつける。

 おなかを上にして手足4本でからだを支える運動です。
腹部をあげることで腹筋、背筋両方を使います。
おなかが床と平行になるくらいまで上げることが目標。


 ・手のひら、足の裏がしっかり床についているか。

 ・頭が後ろにのけぞっていないか。

一定時間姿勢を保てるようになったら、この姿勢を崩さずに片足または片手を上げるバランスや重心移動の練習。



《うさぎさん》

目的 足腰の力をつける。
    大人と一緒に動く。

 立ちしゃがみの運動です。立ったり、座ったりは日常的な動きですから比較的わかりやすい運動のひとつといえるでしょう。
 しゃがむことが難しい場合は低めの椅子や台に座って立ち座りの形からはじめます。大人が向き合い、手をつないで一緒に行うと動きが伝わりやすくなります。
 立ち座りがスムーズになったら、両手を頭の後ろに組んで立ちしゃがみの練習。


・背中がまがり頭が下をむいていないか。
・立ち上がるときに反動をつけていないか。 

上手にできるようになったら、
かかとを上げたまましゃがむ練習。
前に重心をかけることを教えるとき、
子供の手を前に引いたり腰を支える。



 立ったりしゃがんだりする動きをゆっくり行うと足の力をさらに使うことになり、
足腰の筋力アップにつながります。


 1種目・回数を決めて(はじめは少しずつ、徐々に回数を増やして)毎日取り組んでいます。

マット運動は子供達も大好きです。
元気に楽しく取り組み強い身体を作ります。

2歳児クラスでは前まわり練習中です。

ステラオフィス 代表 むらさきはつみ

思い描いた理想の子育てを叶える 【オンリーワン育児法】を提案し

・ コミュニケーション講座 ・オンリーワン育児法講座 初級 ・オンリーワン育児法講座 中級 ・ステラ式教育プログラム講座 の講師を務める。

2,500組以上の親子の向き合い方をサポートしてきた中で、 子供の本質・才能を見つけ出すベストな関わり方を生かした

2012年に 会員制幼児教育保育施設 【ステラ知育室 】 を開園しオンリーワン育児法を用いたステラ式教育プログラムで優秀な子を育てる幼児教育保育を行っている。 

子供の心の声を聞き取れる力を持ち、 親子の心を抱き締め寄り添う活動をしている。

【事業内容】 生活総合支援・子育て支援・各種講座・子育てカウンセリング・才能開花プログラム・シッターサービス

2018年 新生児期~高齢期までのすべての生きがいある生き方支援として 総合生活支援事業を新展開する。

ステラオフィス 代表を務める。