【ステラ知育室】ステラ式教育~オンリーワン育児法

【オンリーワン育児法】考案 むらさきはつみ 公式ブログ

『あったらいいな』がここにある。親子に合った子育てのBESTを提案するオンリーワン育児法
《思い描いていた理想の子育て》をサポート
オンリーワン育児法講座・働くsmileママ講座・知育学習・夜間保育・一時保育・離乳食調理実習・子育て交流会

【・ホームページ友だち追加

乳幼児が寝るときの布団

パソコンステラ知育園ホームページ

merumerustella@feel.ocn.ne.jp

l-052-761-0355

 

《ステラ知育園申込み一覧》

☆入園申込み

☆一時託児利用登録

☆知育クラス申込み

☆子育て支援申込み

☆オンリーワン育児法講座 中級

☆オンリーワン育児法講座  初級

☆リフレッシュ保育 クービック予約システムから予約する


代表 むらさきはつみ 公式ブログ


乳幼児期の冬の布団の掛け方や室温

寝るときの暖房



冬の夜はとても寒く、
赤ちゃんが寝ている間に冷えてしまわないか、風邪を引かないかと心配になるかと思います。

温めてあげたいと思って、
つい厚着をさせたり、
布団の枚数を増やしたりしたくなりますが、それが原因で風邪や事故に繋がることもあります。

乳幼児期の冬の布団や快適な室温、
寝るときは服装や暖房をどうすればいいのか。




赤ちゃんが冬に室内で過ごすときは、
室温は20~23度・湿度は40~60%が快適な環境です。

服は何枚も重ね着をしたり靴下を履かせたりせず、動きやすい部屋着を心がけ、暖房などで室温を調節します。

最近は床暖房付きの家も増えてきていますが、
乳幼児は床から一番近い場所にいるので、
低温やけどや脱水症状になる危険があります。


床暖房をつけて寝かせたり、
長時間遊ばせたりしないようにしてください。

冬室内で過ごすときの環境や注意点

冬の部屋着

室内では靴下は履かせず、
できるかぎり室温で調整。

・新生児~8ヵ月頃:短肌着+ロンパース
● 8ヵ月頃~1歳・2歳:肌着+長袖のトップス+ボトムなど

暖房機器を使用しているときの注意点

暖房をつけ続けていると室内が乾燥して、赤ちゃんが脱水症状を起こしてしまいます。適度に加湿・換気をしましょう。

石油やガスヒーター、ファンヒーターなどの開放型暖房器具は、室内に排気ガスを出す仕組みになっています。一酸化中毒にならないように、室内に酸素を十分に取り込むことが必要です。

● 加湿器や室内に洗濯物を干すなどして適度な湿度を保つ

● 湿らせたタオルを干したり、お湯を張ったボウルを置いたりして加湿する

● 1~2時間に1回、5~10分は窓を開けて換気をし、新鮮な空気を取り入れる

● 暖房機器を使用した状態で長時間赤ちゃんから目を離さない

● 床置きの暖房周りにはストーブガードを設置する




《乳幼児が冬に寝るときの布団》

昼寝はタオルケット、
夜の就寝時は綿毛布か掛け布団1枚、タオルケット

・寒さが厳しいとき

掛け布団の追加ではなく、
タオルケットや綿毛布の枚数を調整。

あまり重たい布団を追加すると、
寝ている間に苦しくなったり、
熱がこもり過ぎてしまいます。

頻繁に布団を蹴っているのは「暑い」というアピールです。


朝方に冷え込むと体が冷え、
風邪を引いたりお腹が緩くなったりしてしまいます。




《乳幼児が冬に寝るとき》

肌着+長袖パジャマの2枚

寝汗をしっかり吸水してくれる肌着と、腹巻き付きのパジャマがおすすめです。

月齢が低い赤ちゃんは、
短肌着+ツーウェイオールやカバーオール

夜の就寝時(お風呂後)には
衛生面の管理と生活リズムを整える為に、着替えるようにします。


冬で寒いからといって、布団や服装の枚数を増やすのは好ましくありません。


乳幼児は新陳代謝が活発で、
寝ているだけでも汗を大量にかきます。

うまく放熱できないと熱が身体にこもってしまい、

乳幼児突然死症候群SIDS
にもつながるともいわれています。


必要以上に汗をかくことで濡れた服が冷えてしまい、
体まで冷えて風邪を引きやすくなるので注意が必要です。




《寝るときの暖房》



乳幼児が冬に寝るときは、
暖房は消してから就寝するようにしましょう。

つけっぱなしで寝ると、
室温の上がりすぎや、
乾燥を防ぐことができません。

加湿器をつけて寝ればいいという問題でもありません。




乳幼児は体温調節をする機能が未熟なので、
冬の睡眠時は温かくしすぎないようにしてあげて下さい。



風邪を引かせないように、
寒くないように、冷えないようにと考えて温めることだけを考えると、

風邪を引きやすい状態にしたり、事故につながります。

乳幼児は大人とは違います

大人の感覚で判断しないで子供の身体を知った上で対処しましょう

知育クラス【定員・保育料】

10時~14時

年齢週1日クラス週2日クラス週3日クラス週4日クラス週5日クラス
一律25,000円35,000円45,000円55,000円60,000円

知育ロングクラス 【保育料】

基本時間:9時~17時

年齢保育料給食費・調乳料教育充実費諸経費
生後1ヶ月~3歳100,000円15,000円3,000円2,000円

一時保育 24時間対応

年齢0歳1~3歳土日祝加算給食費布団代宿泊(1時~翌8時)1日預かり(9時~翌9時)
会員:1時間2,000円1,500円1,000円500円0円10,000円30,000円
一般:1時間3,000円2,500円2,000円1,000円1,000円15,000円40,000円

ご利用料金は指定日までに園指定口座にお振り込みをお願いします。

キャンセル・御利用時間が短くなった場合もご返金致しかねますのでご了承ください。

超過利用の場合は10分過ぎより1時間分延長料金を頂戴いたします。

完全予約制とさせていただいております。ご希望の際はお早目にご予約をお願いいたします。

※緊急時・時間外などはご相談ください。一般の緊急児保育(申込みから利用日まで1週間ない場合)緊急児保育加算3000円がかかります。

【子育て支援利用料金】 

子育てカウンセリングベビーシッター離乳食調理
料理代行
家事代行
同行保育
5,000円
/1時間
3,000円
/1時間
6,000円
/2時間
5,000円
/2時間