ステラオフィス 代表blog

【オンリーワン育児法】考案  ステラオフィス代表 むらさきはつみ 公式ブログ

『あったらいいな』がここにある。親子に合った子育てのBESTを提案するオンリーワン育児法
《思い描いていた理想の子育て》をサポート
オンリーワン育児法講座・働くsmileママ講座・ステラ式教育プログラム講座・離乳食調理実習・子育て交流会

【 ・友だち追加

遊具事故と公園利用マナー

merumerustella@feel.ocn.ne.jp

l-052-761-0355

 

《ステラ知育園申込み一覧》

☆ステラ式教育プログラム講座申込み

☆子育て支援申込み

☆オンリーワン育児法講座 中級

☆オンリーワン育児法講座  初級

☆リフレッシュ保育 クービック予約システムから予約する


代表 むらさきはつみ 公式ブログ

公園での遊具事故。

当たり前のことを当たり前のように親が子供に教えてないからです。

遊具に問題があるんじゃ無く、
教えない親・見ていない親が悪い。

縄跳びやランドセル、水筒。

そんな物を持って遊具を使っていたら危険だとなぜ教えない?

なぜ注意しない?

幼稚園かばんを背負ったままブランコや滑り台。
親はスマホやつるんでトーク


小学生でランドセル背負ったまま公園で遊ぶ…。

そもそも帰宅してないの?

親は何をしていたの?

公園は子供が初めてデビューする外の世界。

ルールや危険は幼児期から教えるのが親の責任。

命を守るために教えるべきこと。

公園で子供を見ないでたむろしている母親達には危険意識が低すぎる。

もっと子供に向き合うべき。

子供の事故は全て親・大人に責任がある

危険を教える・ルールを教える事は親の責任。

その責任を全うしないで遊具だのなんだのに危険を訴えるのは見当違い。

1歳児でも教えたらきちんと理解する公園ルール。

滑り台を滑ったらすぐによける。
滑る側から登らない。

ステラの園児には何度も指導します。


公園デビューをして公園利用をし始めた瞬間から子供には遊具の使い方を教え、親は公園利用マナーをしっかり守る必要があります。

可愛い我が子を守るためにしっかり向き合い見守って貰いたい。


公園利用マナーを守れないなら
公園利用をすべきではない。

ステラオフィス 代表 むらさきはつみ

思い描いた理想の子育てを叶える 【オンリーワン育児法】を提案し

・ コミュニケーション講座 ・オンリーワン育児法講座 初級 ・オンリーワン育児法講座 中級 ・ステラ式教育プログラム講座 の講師を務める。

2,500組以上の親子の向き合い方をサポートしてきた中で、 子供の本質・才能を見つけ出すベストな関わり方を生かした

2012年に 会員制幼児教育保育施設 【ステラ知育室 】 を開園しオンリーワン育児法を用いたステラ式教育プログラムで優秀な子を育てる幼児教育保育を行っている。 

子供の心の声を聞き取れる力を持ち、 親子の心を抱き締め寄り添う活動をしている。

【事業内容】 生活総合支援・子育て支援・各種講座・子育てカウンセリング・才能開花プログラム・シッターサービス

2018年 新生児期~高齢期までのすべての生きがいある生き方支援として 総合生活支援事業を新展開する。

ステラオフィス 代表を務める。