ステラオフィス 代表blog

【オンリーワン育児法】考案  ステラオフィス代表 むらさきはつみ 公式ブログ

『あったらいいな』がここにある。親子に合った子育てのBESTを提案するオンリーワン育児法
《思い描いていた理想の子育て》をサポート
オンリーワン育児法講座・働くsmileママ講座・ステラ式教育プログラム講座・離乳食調理実習・子育て交流会

【 ・友だち追加

発熱時の対処法

merumerustella@feel.ocn.ne.jp

l-052-761-0355

 

《ステラ知育園申込み一覧》

☆ステラ式教育プログラム講座申込み

☆子育て支援申込み

☆オンリーワン育児法講座 中級

☆オンリーワン育児法講座  初級

☆リフレッシュ保育 クービック予約システムから予約する


代表 むらさきはつみ 公式ブログ

『子どもが熱を出したときの対処法』

子供は急に熱を出しますし、
急激に高くなることもあります。
焦ってしまうことがないように、
事前に対処法を確認しておくことが大切です。
 




子供がどんな状態なのか観察し把握する

発熱以外の症状を観察

・機嫌がいいかどうか。
・食欲はあるか。(吐き気がないか。)
・咳・鼻水など風邪症状がないか。
・尿の量が少なくないか。
・色が濃くないか。
・発疹が出ていないか。



身体をあたためる

細菌やウィルスは熱に弱いので、
人間の身体は、細菌やウィルスが入り込むと、それを退治しようとして熱を出します。
これが発熱のメカニズムで、熱を上げているときは、身体は逆に冷えて寒気を感じます。

そんなときは暖房をつけたり、
布団を重ねて身体をあたためたりして、
手足の先まであたたまるように手袋や靴下を活用しましょう。





熱が上がりきったら冷やす

今度は身体が熱を放出しようとするので
冷やしてあげることが必要です。

冷やす部位は、
おでこ以外に首の後ろ、
手首や足首、わきの下などが効果的です。
小さな保冷剤を冷凍庫で冷やしておくとハンカチなどにくるんで使えます。

布団に入っている場合は、
熱を発散しやすいように、
手や足は布団から出してあげる。
(熱が上がりきったら)




寒気を感じたらあたためる

熱が高くなったら冷ます






とにかく安静に休める環境を整える。

・室温
・湿度
・明るさ
・静けさ

熱があっても子供は元気だったりします。
元気に遊んでいるからと油断せずに、
熱が上がったり下がったりを繰り返している場合があるので、
完全に熱が下がるまでは安静にしましょう。

入浴は控える方が良いと思いますが、
リラックス効果があり、
風邪で鼻や喉のとおりが悪くなっている場合に加湿効果ですっきりすることができます。
本人が入浴を希望するなら、湯冷めと体力消耗に気をつけて、短時間で入浴させてあげると良いです。



※私も発熱時には熱めのお風呂に短時間入っています。
寒気がするときなとお風呂にはいり温まりすぐに布団に入り寝たりを繰り返します。




 水分補給


発熱すると身体の水分が奪われ、
脱水症状になりやすいです。
嘔吐や下痢を伴う場合は、塩分が失われやすいので、水よりもイオン飲料の方がおすすめです。
イオン飲料に含まれる電解質や糖は、
胃でなく腸で直接吸収されるので脱水症状を防ぐことができます。



発熱以外の症状を観察
緊急を要するかを判断する


診療時間外の場合、救急病院の夜間診療に行かなければなりません。

救急病院は、家から遠い場合もあり、
混んでいることも多いです。
高熱の子どもを連れて行っては、具合が悪くなることもあるため、行くかどうかを適切に判断することも求められます。



【すぐに受診が必要な目安】

・ぐったりして意識が朦朧としている
・嘔吐や下痢を繰り返す。
・水分も摂ることができない。
・生後3か月以内で38度以上の発熱
・ひきつけが5分以上続く。
・呼吸がしづらくて苦しそう。




インフルエンザの場合

インフルエンザの場合、検査のタイミングで感染していても陰性と出る場合があります。
朝検査して『陰性』でも油断せず再度受診をして検査をして下さい。


子供の発熱時には親は落ち着き冷静に対処できるように準備をしましょう。

そして体調不良から回復期までしっかり安静にしてあげることでぶり返すこと無く丈夫な強い身体になります

ステラオフィス 代表 むらさきはつみ

思い描いた理想の子育てを叶える 【オンリーワン育児法】を提案し

・ コミュニケーション講座 ・オンリーワン育児法講座 初級 ・オンリーワン育児法講座 中級 ・ステラ式教育プログラム講座 の講師を務める。

2,500組以上の親子の向き合い方をサポートしてきた中で、 子供の本質・才能を見つけ出すベストな関わり方を生かした

2012年に 会員制幼児教育保育施設 【ステラ知育室 】 を開園しオンリーワン育児法を用いたステラ式教育プログラムで優秀な子を育てる幼児教育保育を行っている。 

子供の心の声を聞き取れる力を持ち、 親子の心を抱き締め寄り添う活動をしている。

【事業内容】 生活総合支援・子育て支援・各種講座・子育てカウンセリング・才能開花プログラム・シッターサービス

2018年 新生児期~高齢期までのすべての生きがいある生き方支援として 総合生活支援事業を新展開する。

ステラオフィス 代表を務める。