~オンリーワン育児法~思い描いた理想の子育てを楽しむ。

~オンリーワン育児法~思い描いた理想の子育て。育児本やネットの情報に惑わされることなく、親子に合ったBESTな関わり方を知ることで笑顔で過ごせる育児法を御提案。

『あったらいいな』がここにある。親子に合った子育てのBESTを提案するオンリーワン育児法
《思い描いていた理想の子育て》をサポート
オンリーワン育児法講座・働くsmileママ講座・知育学習・夜間保育・一時保育・離乳食調理実習・子育て交流会

【・ホームページ友だち追加

赤ちゃんとの食事

小さい子供のいるママの悩みの一つとして、

※ご飯を温かいうちに食べれない。

と、いうのがあるかと思います。

何故なんでしょうか?

食べさせなきゃいけないから?
ぐずるから?
食べこぼすから?

それ。
ママがいちいち手をかけているんですか?



f:id:ikuji-stella:20160803071735j:plain



ステラ知育園では、
園児に給食を食べさせながら、保育スタッフも一緒に食事をします。

みんなで「いただきます」をして
手を合わせて給食を食べます。

1歳・2歳児さんは、
箸、フォーク、スプーンを使い自分で食べます。
食べこぼしていいんです。
スプーンやフォークをひっくり返してしまいうまく口に入らないことも。
失敗を繰り返して自分で学び、工夫して食べれるようになります。

もちろん散らかったら一緒に片付けをします。


0歳児は離乳食を食べさせながらゆっくり食を進めます。
手づかみ食べもどんどんさせます。
手でつかんで温度や、感覚を感じて、味を楽しんで貰います。汚れたら拭けばいいんです。

スタッフも温かいうちに食事を済ませることが出来ています。

食事マナーは離乳食を始めたときから
きちんと教えていく必要があります。
ぐずったからって親があたふたしていたり、甘やかしていたら子供はいっこうに学びません。

きちんとしつけを教えることで、
ママも子供もストレスなく楽しい時間が過ごせます。


我が子じゃ無いから、自宅じゃ無いからと思われるかもしれませんが、
ほんのちょっとのコツで食事環境はガラリと変わるんです。

私はわが子の子育ての中でも、
いつも子供と楽しく食事が出来ていました♬


「子供がぐずって騒ぐからママは食べれませーん」なんて言っている方も見えます。
・食べれないのが当たり前
・しょうがないよね
といった間違った認識は無くして貰いたいです。

コツさえつかんでしまえば、快適で楽しい食事環境が整います。

♬親子で楽しく食事をする♬

誰でも出来る簡単なポイントで変わります。