読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

~オンリーワン育児法~思い描いた理想の子育てを楽しもう。

~オンリーワン育児法~思い描いた理想の子育て。育児本やネットの情報に惑わされることなく、親子に合ったBESTな関わり方で笑顔で過ごせる育児法を御提案。

いい母親像に憧れて頑張りすぎてないですか?


子供を産むと、我が子のために
いい母親になりたいと思うものです。

『いい母親になりたい。』
その思いが強すぎて子育てに、主婦にと
頑張りすぎてはいませんか?

私がやらなきゃ
これぐらいやらなきゃ
いいママにならなきゃ

誰にそこまで求められていますか?

確かにぐうたらしているのはおかしい。
なーんにもやらないのもおかしい。
育児放棄なんて許されない。

だけど無理してまで頑張る必要はないんです。

疲れたときはゆっくりしてもいい。
早く寝ちゃってもいい。


自分にプレッシャーをかけ過ぎてしまって
頑張りすぎて疲れていたり、イライラしていたら意味がありません。


ママ友や周りのママ達と自分を比べて
外ではキラキラ頑張って。

そんなの偽物だと思います。
そんな仮面をかぶる必要ないんです。
キラキラした母親ってどんな母親だと思いますか?

大変なこともあるの当たり前です。

独身時代と生活がガラリと変わってしまって、
子供のいる生活で達成感を感じられなかったり不完全燃焼になったり。


夜中にも容赦なく泣いて
なんでも口に入れたり
反り返ってギャン泣きするし
「イヤ」しか言わない時もあって。

一つの命を守り育てるのだから、
大変なことあって当たり前。


優先順位をゆっくりでいいから考えてみてください。

育てることに対して気負いすぎないで。

いい母親・キラキラしている母親は、
ちゃんと子供と向き合って親子で笑顔でいられることだと思います。

母親の思い込みの『いい母親』ではなく、
子供にとっての『いい母親』を目指して欲しいです。

私だって完璧ないいママじゃない。
でも。楽しみながら子育てしてます。
イライラだってするときありますよ。
ママ友付き合いが大変だなぁって感じたこともあります。
大変なことも目を逸らさず受け止めて向き合ってきました。
そしてなにより大切にしてきたのは、
『素直であること』自分に対しても子供にたいしても。

たまに…落ち込むこともあります。
「ダメなママでごめん…(T-T)」って
子供に謝ることもあります。
そんなとき娘が言ってくれるのが、
「ダメなママでもいいよ。私が大好きなママだよ。」と。

ちょっと前までは
「ダメなママじゃないよ」って言ってくれていたんですけどね(笑)

『大好きなママ』って言ってもらえる。
ママ金メダル貰えてます。

失敗も成功も
イライラもニコニコも

『ママ』として
成長する大切なステップです。

大丈夫!!
肩の力を抜いて深呼吸をして。
ゆっくり親として育てばいいと思います。

キラキラしたいい母親とは、
誰か他人にみせるためではなく
我が子にとっての『いい母親』であることが一番です。