読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

~オンリーワン育児法~思い描いた理想の子育てを楽しもう。

~オンリーワン育児法~思い描いた理想の子育て。育児本やネットの情報に惑わされることなく、親子に合ったBESTな関わり方で笑顔で過ごせる育児法を御提案。

子育ては親育ち

子育て講座
子育ては親育ち
子供を育てる中で、親は、
考え・悩みながら試行錯誤していきます。

こんなときどうしたらいい?
しつけってどうするの?
トイトレはいつから?
言葉が遅い?

私たち親に個性があるように、
子供にもそれぞれ個性があります。

たくさん読み漁った育児本通りに行かないことも多々あるでしょう。

何で出来ないの?
どうしたらいいの?
何度この言葉と向き合っていけばいいのか。。。

【子育てを焦らない】

しつけ→怒ると叱るは違います。

語りかけ諭し教えることです。


何回も教えても出来てくれなかったり、
うまく行かなかったり、
失敗されたりしたら
疲れてイライラだってしちゃうと思います。

つい怒鳴ってしまった。

感情にまかせて怒ってしまった。

こんな親ダメな親だ…

そんなことはありません。
私達親にも感情はあります。疲れもします。
仕方ないです。

でもその後が大切なんです。
ちゃんと子供を抱きしめて

「怒ってごめん。怖かったよね。
ママがいいたかったのは○○なんだよ。」

怒ってしまったことを謝り、
きちんと伝えてください。

お母さんも間違ったら謝る。
そうすることで子供も謝ることが出来る子になります。
子供は親をみて育ちます。

そして少しづつでもいいから怒る前に
深呼吸できる余裕を作れるようにママも成長してください。


ママはいつまでたっても学ばず怒鳴り散らして。
子供にだけ成長を求めるのはおかしいですよね?
『親として成長をしなきゃいけません』

もし…。いつまでも子供にばかり求め、
ガミガミ怒っていたら子供は、
集団行動が出来ない子になります。

自分はダメな子だと認識してしまい自分に自信を持てなくなります。

自信がもてないとチャレンジすることが出来なくなります。

仲間にはいることも、コミュニケーションを取ることも上手にできなくなります。

ちょっと出来なかったり注意をされたら
逃げ出してしまうかもしれません。
殻に閉じこもってしまうかもしれません。



私たち保育のプロにしつけを丸投げしたところでなにも変わりません。
犬・猫の躾じゃないんだから。
教えること、出来るように導くことはお任せください。

でも愛を教え、心を豊かにすることが出来るのは家庭の親の力が必要です。

お子様も親御様も笑顔で過ごせる環境になるには、【きちんと向き合うこと】

そして他人と比較しないこと。
我が子と他の子を比べないで、
1週間前の我が子と比べて成長をみてください。

いいお母さんになろうと頑張りすぎないで
ゆっくり子供の成長をかみしめながら
親として育っていけばいいと思います。