~オンリーワン育児法~思い描いた理想の子育てを楽しむ。

~オンリーワン育児法~思い描いた理想の子育て。育児本やネットの情報に惑わされることなく、親子に合ったBESTな関わり方を知ることで笑顔で過ごせる育児法を御提案。

『あったらいいな』がここにある。親子に合った子育てのBESTを提案するオンリーワン育児法
《思い描いていた理想の子育て》をサポート
オンリーワン育児法講座・働くsmileママ講座・知育学習・夜間保育・一時保育・離乳食調理実習・子育て交流会

【・ホームページ友だち追加

食物アレルギー 経口免疫療法

今は研究段階で、医師の指導の元すすめる。と、案内されていますね。

うちの息子は、『えびアレルギー』です。
えびの天ぷらをたくさんたべて、
救急車で運ばれました。
今までも食べてきてエビも好きだった食材の一つ。
幼少期には『いちごアレルギー』と診断されたこともあります。

どちらもたくさん摂取したからでした。

軽度の食物アレルギーだと私は判断しましたが、医師からは、完全除去を指導されました。
完全除去にしたら余計に食べられなくなる。

私は息子の離乳食からすべて手作りのみで行ってきたことと、
アレルギーに対して知識もあったので
経口免疫療法を進めることにしました。

医師の指導も何もありません。

10年以上前は経口免疫療法など進められていませんでしたから。

高校生になった今。

息子は自分で調整して食べることが出来ています。
体調が思わしくないとき、
違和感を感じたときには
すぐに摂取を止めます。

食物アレルギーは怖くないんです。

離乳食期から手作りで少量ずつ丁寧に進めることで食物アレルギーを起こさない身体づくりが出来ます。

食物アレルギーと上手につきあい克服する。克服できます。

下の娘は早産の未熟児で産まれ、
肌も弱く食物アレルギーも心配されていましたが適切なタイミングで離乳食を始め
少量づつをすべて手作りで進めたら
食物アレルギーは起こさずに、何でも食べられる6歳になりました。

離乳食については、
遅い方がいい、
アレルギー物質は与えない方がいいなどと
間違った案内もされている中で、
子育てママは混乱してしまうでしょう。

離乳食を始めるタイミングは、
お子様が教えてくれます。
何でも食べられる健康で元気な子供を育てたいですね。