ステラオフィス 代表blog

【オンリーワン育児法】考案  ステラオフィス代表 むらさきはつみ 公式ブログ

『あったらいいな』がここにある。親子に合った子育てのBESTを提案するオンリーワン育児法
《思い描いていた理想の子育て》をサポート
オンリーワン育児法講座・働くsmileママ講座・ステラ式教育プログラム講座・離乳食調理実習・子育て交流会

【 ・友だち追加

ステラ通信:助け合いの連鎖

私が子育てをする中での、
他者との関わりについて大切にしていること。


困っている人がいたら手を差し伸べる事


「ごめんなさい」より「ありがとう」を


困った時はお互い様


相手が同じ気持ちでいるかどうかは関係ありません。


自分がそうありたいからそうするんです。

私は子育てをする中でたくさんの人に助けられ、支えられ子育てをしてきました。

支えられているか
支えられていないか

それは受け手側の感覚によっても違うかもしれません。

あからさまに特別扱い的な親切を受けなければ助けて貰ったという感覚を得ない人もいます。


当たり前のことを当たり前にし合う


「大丈夫ですか?」
「お手伝いしましょうか?」


この声掛けだけで救われることもあります。


そして子育ては大変
私は頑張ってるそんな感覚でいたらいつまでも子育てを楽しむことも、まわりからの手助けにも気付けないでしょう。

子育てのしやすさとは
なんだと思いますか?


どこへ行っても特別扱いされ優遇されることですか?


少子化時代に子供を産んでやったんだから優遇しろって考えの方いることには驚きますが、

子連れだからと特別扱いされ優遇されることを当たり前だと思っている母親が多い。
そんな考えは私は悲しすぎると思います。

優遇されて当たり前 
助けて貰えて当たり前
譲って貰えて当たり前

はっきり言って

その子育て楽しくも楽にもなりません。





感謝の心を忘れない


公共交通機関で席を譲られて当たり前だと思っている人が多いようですが

あなたは、妊娠出産前に譲ってましたか?


妊婦さん、高齢者に席を譲ってましたか?


自分は譲りもしないで乗っていて、自分には譲れって横柄すぎません?


私がもう18年言い続けていること。
それは

助け合いの連鎖


私は子育て中よく助けて貰えていたから、自分が助けられる側になったら必ずこの優しさを繋げようと思い実践してきました。


そこで気付いたのが、

「すみません…」と言う母親が多いこと。


私がお手伝いをして、
「すみません」って。

そこは「ありがとう」ですよね。


「ありがとう」は笑顔をうみます


お手伝いをしたほうも、されたほうも。
「ありがとう」で笑顔になれます。


支援されて当たり前だと思っていたら、
助け合いの連鎖から生まれる笑顔や幸せには気付かないですよね。



子育ては1人では出来ません。


誰かのちょっとした手助けが、
子育て中のママにはとてもありがたいこと。


子育て中のママは、
してもらって当たり前
してくれないなんて不親切
だなんて考えないで、


温かい手助けに「ありがとう」を伝えませんか?


ありがとうを伝えたら、
今度は助ける側になればいい。


そうして繋ぐことで温かい新しい世界観がひろがります。

1日最大 7カリキュラム

知育クラスで導入しているステラ式教育では、

個人の習熟度に合わせたカリキュラムで楽しく学びを深めています。

学びを深めるためには、
学ぶ楽しさを知ることが必要です。

ステラ式教育プログラムの基本は遊び

まるで遊んでいるかのようにしか見えないのに、しっかり学びにつなげる



f:id:ikuji-stella:20180426105953j:plain


幼児の集中力は15分程度。

でもそれが楽しい楽しい遊びなら
集中力はグッと長く続きます。

楽しいと夢中になれる働きかけ

幼児教育は、ただテキストに沿って進めたり
マニュアルに沿ったやり方では、

成果の出方に差が生じます

理解が出来ない子はどんどん遅れていく。

出来る子もよくわからないままに
学ばされている

ステラ式教育プログラムのでは

1日に最大7カリキュラム行います。

集中力・個性・習熟度

しっかりと見極め適切な関わりをしなければ身につきません。



f:id:ikuji-stella:20180425042946j:plain

声掛けの仕方1つで、
子供の行動はかわります。


『怖い』
『わからない』
『出来ない』
『やりたくない』

子供には無理矢理学びを押し付けることは逆効果です。

子供にやらせるのでは無く
やれるように促し方を大人が工夫する



大人が工夫もしないで
子供に学びを強要するのは効果を生まないだけでは無く、学びをイヤがるようにさせてしまいます。


0歳からの関わり方でこの学びに対する子供の反応は変わります。

そして子供にあれこれ求めるなら
親自身が成長しなければいけません。

園児の習熟度に合わせ進めるレッスンは、確実な成果をうみます。

1日最大7カリキュラム

子供のペースで
楽しいを追求する学び

『出来た!』の達成感が優秀な子を育てる学びのポイント


褒める育児ではなく、
認める関わり方


代表講師 むらさきはつみの
苦手を克服させる
べた褒め気分アップ教育

園児のお母さんに動画を送信…。

子供に指導・授業・注意をしているシーンはどれだけ見られても恥ずかしくはありませんが、

子供達と戯れ・褒めるシーンは見られたくない秘蔵シーン。。。


出来ていることを伝えたくて動画送信をしましたが、
もう2度とないでしょう…。

麻しん(はしか)患者の発生に伴う注意喚起

名古屋市のホームページより

http://www.pref.aichi.jp/soshiki/kenkotaisaku/mashin-kishahappyou2.html

麻しん(はしか)患者の発生に伴う注意喚起について - 愛知県

ニュースや新聞でも繰り返し伝えられているのでご存じの方も多いかと思います。

【ニュースまとめ】

名古屋市昭和区にある
名古屋第二赤十字病院ではしかと診断



f:id:ikuji-stella:20180426101906j:plain



f:id:ikuji-stella:20180426101920j:plain



医療機関に連絡したうえで速やかに受診すること。



名古屋市は感染の広がりを防ぐため注意を呼びかけています。



症状が出るなどして病院に行くときは、移動中に感染を広げるおそれがあるため公共交通機関の利用は避けましょう。



《はしか》

飛沫感染 ・ 空気感染


はしかは感染するとほぼ100%発病します。

【初期】

鼻水 ・ くしゃみ ・ 38℃前後の熱

風邪に似た症状があらわれます。

目やに ・ 目の充血をともなうこともあります。

口の中に、小さい白い斑点が出る。

その後3~4日ほどで熱が下がります。

約半日後に再び熱があがり、

同時に赤く少し盛り上がった発疹が体中にあらわれます。

《期間》

症状は10日~2週間程度


《合併症》

まれに肺炎や中耳炎などを合併

※大人になってからかかると重症化しやすいといわれているので注意が必要。


みなさんくれぐれも注意して過ごして下さい。

ステラ通信 学び・健康は遊びから

お子さんと遊んでますか?

遊ぶと遊ばせるは違います。

おもちゃをたくさん与えたりすることが遊ぶではありません。


おもちゃに遊んで貰ってるだけ。


一日中家の中でダラダラ過ごしていたら、夜もなかなか眠れないでしょう。


身体を動かしたり、
コミュニケーションをとり、
一緒に遊ぶことで子供は、
心と身体の健やかな成長をします。

身体をしっかり動かすことで、
生活のリズムが整います
健康な身体が作れます

コミュニケーションをとり遊ぶ事で、
人との関わりやルールを学びます
自己表現・自我を認める事が出来ます
愛されている実感
居場所と安心を感じます


たかだか遊ぶだけで。と、思いますか?

私は今まで1500組以上の親子を見てきて、話を聞いて、関わって。

そして

我が子の子育て経験から

よくわかっています。

たくさんコミュニケーションをとり遊んできた親子とそうで無い親子の子供の身体的・精神的成長の違いを。


おもちゃを買ってあげることが愛では無い。

遊び場に連れて行く事が愛では無い。


何も無い中でも一緒に遊べます


あるもので遊ぶ事で


想像力・発想力を養い、柔軟な思考力を身に付けることが出来ます。


季節に触れることで四季を学び、感じます。

花の名前・虫の名前
春の歌・英語…

学びはたくさん!!


f:id:ikuji-stella:20180421052433j:plain

何も無くても散歩からでもわくわくの発見があります。

f:id:ikuji-stella:20180421052452j:plain


何もない日でもちょっとしたお弁当を持って公園に行けば子供にとってはピクニックイベントなんです。

f:id:ikuji-stella:20180421052511j:plain


身体を使い共にはしゃぎ遊ぶ事で親もリフレッシュにつながります。

f:id:ikuji-stella:20180421052617j:plain


たくさん遊べば20時にはすっかり夢の中。


f:id:ikuji-stella:20180421052658j:plain

規則正しい健康な生活は遊びから


座学図鑑やテキストをみて学習をするだけでなく、
見て触れて感じて学ぶことで、
確実に知識は身につきます。


幼児期の教育に一番必要なのは関わりです。

親子の適切な向き合い方や、
学習との関わり方で学びを楽しめる子になるかが決まります。

学びを楽しめる子は優秀な子につながります。

勉学の出来るだけの子じゃない。

心豊かで自己表現の出来るリーダーシップのとれる子が育ちます。


土台をしっかり育てることで、勉学の出来る子に成長していきます


3歳までにしっかりと才能を見つけ引き出し育むことで将来の選択肢が広がります。

料理支援:朝食&昼弁当準備

支援メニュー改正 - 総合生活支援 ステラ

料理支援を御利用頂いている会員様

朝食&昼弁当のご用意のご依頼を週2日頂いています!!

これが毎回楽しいんです😄

冷蔵庫など家にある食材を利用して、

朝 食:ご飯・味噌汁・おかず5品

昼弁当:ご飯・メイン1品・おかず4品

を用意してきます。

どんな食材があるのかドキドキですが、
嬉しそうにして楽しみだと言って下さる笑顔を見せて貰えて幸せな気持ちになります。

優秀な子は遺伝か環境か。

優秀な子は産まれながらに決まっているのか…。

私は絶対にそうで無いといいたい。

いくら優秀な家系の中の血を引き継いだとしても、その子が優秀になるとは限らない。

ましてや顔つきなんかで『こっちのが賢そう』とかいう低次元発想はありえない。


言い方は悪いですが、
貧乏家庭のぶっさいくでも東大にいたりする。

そもそもステラ式教育では、学力のできだけで優秀だとは言っていない。


親が東大だからとか、兄弟が東大だからとか、医者だから、弁護士だから、その血が入ってるから優秀になるとは限りません。


優秀な子に育つかどうかは

育った環境です。


産まれてから3歳まで
どんな家庭環境
どんな思考の親に育てられたかです。


土台のしっかりした子は、優秀になります。


親力の低い、子供と向き合えていないような家庭環境では優秀な子は育たない

まぁ小学受験・中学受験をする頃から、
大金をはたいて家庭教師をつけて、
勉強漬けにすれば、勉学の出来る子は育つと思います。

ですが、
ステラ式教育がさす優秀な子とは、勉学のみが出来る子をさしてはいないです。


リーダーシップのとれる
自分をしっかり持った子
そして
楽しく学べる子をさしています。

自ら学び、己の道を己で切り開き、自分の足で立ち進める子


f:id:ikuji-stella:20180418081748j:plain



わかりやすくいえば、


楽しく学び、夢を見つけ、チャレンジする勇気を持ち、努力できる子

です。


親が楽しく子育てが出来ているか。
が、一番重要じゃ無いでしょうか。

そこで家庭での教育方針があり、
目標などが決まってくるものだと思います。


前向きに取り組め明るい笑顔のある子どこにいても愛されますね

親からの愛をしっかり受けた子は、
どこへいっても愛されます


お母さんの笑顔が優秀な子を育む。

ステラ式教育の基本は笑顔です。


褒めて、のせて、やる気にさせる

ステラ通信:声掛け

公園で遊んでいる子供が、人に向けて何度も砂を投げつけているのをみて、母親が「もぉ~ほったらだめだょぉ~」と。

そんな甘ったるい声で後ろから声をかけたところで全く意味が無い。効果無い。よけいやるだけ。


その意味の無い声掛けで、

私は躾をしている。
何回言っても言うことを聞かない子。
とか思っていたら…。

はい。失敗子育て代表格です。


教えるときは目を見てしっかりと伝える

後ろから甘ったるい声で声掛けしたってただのBGMですよ。

 子供に全く響いてない

そして成長しない子供に勝手にイライラ


叱るときは叱る
褒めるときは褒める
遊ぶときは遊ぶ


メリハリを持つこと



まったくメリハリのない子育てをしているから大変になるだけ


2歳になる子をベビーカーに乗せ、
愚図ったら抱っこ。

必死の形相で逆効果な甘やかしをしているママ。

それで「私1人で子育てをこんなに頑張ってるのに」なんてアピールされても。。


抱っこする必要の無い子をわざわざ抱っこしているのは母親自身。

愚図られることがうるさいから、
コミュニケーションを取らずに楽な道に進む


完全親のため子育てになってます。

適切な関わり方をしていくことで
頑張ってるアピール子育てから卒業できます。



f:id:ikuji-stella:20180412020044j:plain


真剣に向き合い、
メリハリを持って関わることで
子育ての質は格段にアップします。

ステラオフィス 代表 むらさきはつみ

思い描いた理想の子育てを叶える 【オンリーワン育児法】を提案し

・ コミュニケーション講座 ・オンリーワン育児法講座 初級 ・オンリーワン育児法講座 中級 ・ステラ式教育プログラム講座 の講師を務める。

2,500組以上の親子の向き合い方をサポートしてきた中で、 子供の本質・才能を見つけ出すベストな関わり方を生かした

2012年に 会員制幼児教育保育施設 【ステラ知育室 】 を開園しオンリーワン育児法を用いたステラ式教育プログラムで優秀な子を育てる幼児教育保育を行っている。 

子供の心の声を聞き取れる力を持ち、 親子の心を抱き締め寄り添う活動をしている。

【事業内容】 生活総合支援・子育て支援・各種講座・子育てカウンセリング・才能開花プログラム・シッターサービス

2018年 新生児期~高齢期までのすべての生きがいある生き方支援として 総合生活支援事業を新展開する。

ステラオフィス 代表を務める。